2017年11月28日

ステアリング&ボス変えてみた


我が510はニスモ10周年で再販されたダットサンコンペハンドル(ダッツンコンペ)の抽選に当たって購入して以降、
ずっとダッツンコンペを付けていました。


room0604.jpg
(10年前のコックピットです^^;)


最初はグリップが細いなぁと思っていたのですが、20年以上使ってるとそれも当たり前に。

しかしシートを下げるとハンドルが遠くなっていたのはずっと不満だったのです。
あとスモール点灯時(ウインカーレバー手前状態)でステアリングとレバーが近いのも。




そしてとうとう今年の春にステアリングを交換しちゃいました!

20170325_nardi.jpg


ステアリングが手前に来るようにNARDI(ナルディ)のディープコーンを選択。


最初は違和感アリアリでしたが、狙い通りポジション的には楽になりました!

おまけにステアリングとウインカーレバーの間隔が広がったので、
スモール点灯時にステアリングを操作してもレバーに触れることもなくなりました(^^)

ただ、ウインカーレバーが遠くなったので、ステアリングを握ったままレバーを操作できなくなりましたが(笑)




ところでアフターマーケットのステアリングに交換する際に必要なのがステアリングボス

ダッツンコンペの前もナルディクラシックを使ってたので持ってたはずなのですが、ステアリングもろとも行方不明。

仕方ないので新品を買って付けました。



が、今新品で入手可能なボスはどれも気に食わない!!

ステアリングボス交換

上の写真でわかりますか?

ステアリングからステアリングコラムに向けて(左から右へ)ボスのカバーが末広がりになってて
ボスとコラムカバーに段差ができてるんですよね。

今売ってるのはこの末広がりタイプか、ボスのカバーがジャバラみたいになってるタイプしかないみたい(T_T)




昔は径の変わらない真っすぐなシンプルなボスが売ってたのですが、今は探しても見当たらない。。。

昔持ってたのも真っすぐのタイプだったので、なおさら残念。




なので諦めきれず、ヤフオクを探すこと数ヶ月?!

ようやく入手しましたよ、真っすぐなタイプ!!

ステアリングボス交換

印象違うのわかりますか?


実は510用で探すとそこそこ出品されていたのですが、同じことを思ってる人が多いのか、
意外と値が上がっていくんですよね〜




しかしステアリングボスなんて同じ日産なら510のほかに共通で使える車種はいっぱいあるのです。

そこで510と共通でボスを使える車種を調べた上で、検索ワードから510を外して検索して見つけたのがこのボス(^^ゞ

表面の塗装は剥げてて汚かったけど、比較的安く入手できました!

表面はつや消しブラックで塗装し直して見違えるように!






最後に少し別の角度からビフォー・アフター。

ステアリングボス交換
 右斜め上 ビフォー

 右斜め下 アフター
ステアリングボス交換


ね、ぜんぜん違うでしょ?

え?大して変わらない?

いいんです。本人はこれで大満足なんだから(^^)



posted by しげぽん at 20:17| Comment(0) | 内装系

2010年05月30日

復活!

我が510、実は相当長い間(5年?10年?)リアシートが折りたたまれて荷台になっていました。


というのもリアシートの背もたれの根本にある軸の溶接がはがれて背もたれを立てて固定できなくなっていたんですよね〜

でも別に後ろに人を乗せることもなかったのでこれまでずっとリアシートを倒した状態で荷台として使えるようにだけしてました、溶接機を買ったら修理するつもりで・・・




しかしこのたび初めて家族で510に乗って出かけようということになり、そのためにリアシートを復活させなければならないのでした。



ただ修理といっても外れた金具を溶接でくっつけるだけなので溶接ができれば何てことはない作業をお願いしなければならなかったのですが、それをわざわざ奈良県の大淀町にあるショップ、RS-AZZさんに持って行ってやってもらいました。


なぜか?


それはけっこう近くなのに行ったことがなかったから(エヘ)



ちなみにRS-AZZさんといえばリフレッシュ60さんと組んで510でクラシックカーレースやってるので名前を聞いたことがある人もけっこういらっしゃるんじゃないですか?
(赤の34番と白の35番の510です)




で、行って早速ガッチリ溶接してもらったあと社長と2時間ぐらい話し込んじゃいました(^^ゞ

でも話に夢中で一切写真も撮ってません爆弾


お忙しいところありがとうございました!







ということでそれからウチに帰ってリヤシートの組み立て。



ずいぶん久しぶりにリアシートが起きあがりました手(チョキ)


久々に出現したリアシート


これで後ろに人が乗れるようになったので万々歳だけど、またイベント行く途中にトラブル発生したらシャレにならんな爆弾

 
posted by しげぽん at 01:29| Comment(2) | 内装系

2007年12月30日

シートをイメチェン

最近クルマいぢったり日記が子育て日記になりつつあるので、たまにはクルマネタを(^^ゞ


これはALL JAPAN DATSUN510 MEETに向けて準備していた中で唯一公開してなかった部分なんですが、フロントシートのイメチェンを行いました。


といっても座り心地の気に入ってるR33GT-Rのシートを入れ替えたわけではないです。

ちなみにこれまでがこんな感じ。

 
これまでの33Rのシート


すごく気に入ってますが、最近のシートなんでファブリック地の見た目が真っ黒な内装からやや浮いてるのが唯一気になるポイント。


ただ張り替える技術も費用もなく、そもそもRのシートを張り替えやってるショップも見たことないんでそのまま使ってました。



そんなある日スーペリアとかいうメーカーでGT-R用のシートカバーがあることを発見!
が、シートカバーのくせに結構いい値段なんで手を出せずにいました。


しかしALL JAPANに向けて何も変化のないのは寂しいと思い、安く買えそうな店を探しまくって思い切って購入!


 


装着した状態はこんな感じ♪

イメチェン後の33Rのシート♪

どうですか?
若干シワが出てて赤いリングが余計ですが、かなり内装にマッチするようになったと思います。
見た目はワタシ的には合格点。

 


肝心の座り心地はというと…

背中の部分が若干浮いてるのが気になるのと、生地の厚さの分(全体に薄くスポンジが入っている)ホールド性がややスポイルされちゃいますが、街乗りメインなのでまぁOK(^^)
 
 
なのでホールド感最優先の方にはお勧めできませんが、ワタシのように雰囲気変えてみたい方には選択肢のひとつとして考えてみてもいいのではないでしょうか?
 
posted by しげぽん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 内装系

2007年04月30日

異音の謎が解決!

ワタシの510、この1年ほど左リアドアからの異音に悩まされておりました。

その異音というのが走行中の小さなショックやドアの開け閉めで窓ガラスがビビるような音でした。

けど窓枠内のゴム(ガラスラン)は4枚とも一度交換していてガタはほとんどないし、ガラスの取り付け部分かと思って内装を剥ぐってみたこともあったのですがきちんと止まっていて、ウインドレギュレータ周りもがたついているところが見あたらずけっこう謎でした。

この音がもしガラスなのだったらそのうち衝撃で割れるんじゃないかと心配にもなっていたので昨日洗車したときにまた内装を剥ぐってみたところ、ドアの内張のないときにドアの開閉をしても音が出ないことを発見しました。

そして色々叩いたりしてみた結果、ようやく原因と思われるところを発見しました!

それがこの写真↓の矢印の部分
左リアドア


わかるでしょうか?ドアロックノブからストライカのドアロック部をつなぐロッドがドアのインナーパネルを叩いていたのが原因だったのです。
内張がないときはロッドとインナーパネルが離れて音が出なかったようです。

このロッドには一応音が出ないように布(?)のチューブが巻いてあったのですが役に立っていなかったようです(^^ゞ

で、対策として写真のように(わかりにくいですが)そのチューブもろとも電気配線用のスパイラルチューブを巻いてやりました。



するとどうでしょう!
あれだけうるさかったドアが静かになりました!!

走ってみても問題なし。びびり音がしなくなるだけで一気にクルマが20歳ぐらい若返った感じです。(←やや大げさ)


でも走行中のいやなノイズってなくなるとこれだけ快適になるものかと思いましたよ。
もし同様の悩みをお持ちの方は一度お試しください。
posted by しげぽん at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 内装系

2006年10月14日

シフトノブ

ワタシ、シフトノブは5速にしたとき(10年以上前)にボロボロのS30用ウッドノブを研磨してニスを塗り直して使っていたのですが、この夏湿気のせいかそのニスがはがれてしまい、かわいそうな状態になってしまいました(T_T)

そこで買い替えるという選択肢もあったのですが、このルックス、形、大きさが自分の好みにバッチリなんで、ここ数日で古いニスをはがして再度ニスを塗り直してシフトノブのリフレッシュをしてやりました。

シフトノブ

ツヤツヤボディに生まれ変わりゆくシフトノブを眺めては ニンマリしつつ重ね塗りを繰り返して写真のような感じに仕上がりました!
が、シフトパターン部分は最初から何かがしみ込んでしまっていてちょっと残念な姿…
しかもネジ部分の樹脂はかなりバカになってしまっています。

次ダメになったらさすがに買い替えかなぁ。
新品のこのタイプのノブって部品で出るのかな?

posted by しげぽん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 内装系