2018年01月10日

DIGAのHDD換装


新年になってまた新番組が始まる時期ですよね!

我が家のHDDレコーダー( Panasonic ブルーレイDIGA DMR-BZ520 )はHDD容量が500GBで、
すぐに容量を圧迫するので外付けHDDを追加しています。

しかし外部入力録画が内蔵HDDにしかできないし、外付けもけっこう空きが少なくなってきたので、
内蔵HDDの容量アップできないかと調べてみたところ・・・

2012年発売のウチの機種はHDD換装可能ということがわかりました!\(^o^)/


HDD換装にはこちらのサイトを大いに参考にさせてもらいました。




ということでネットで予習をした上で、HDDとHDDクローンマシンを購入。

HDDはケチらずにDIGA標準でも使われている Western Digital のAV向けHDDのから
容量4TBの AV-GP WD40EURX を選択。



クローンマシンは安いのもありますが、このエラースキップ機能付きのクローンスタンドを購入。





DIGAの分解はネットを参考にしてHDDを取り出します。
(手順はこちらのページが詳しいです)

ブルーレイDIGA HDD換装

分解、組立はPCの組立て経験があれば基本的に難しいことは何もありませんが、
フロントパネルの爪を押さえておくのにペットボトルを切ったものを使ったのが工夫点。
(上の写真の右端で光ってるやつ)

さらに切ったペットボトルの底の部分は、外したねじ入れにもなって一石二鳥!?




分解したらクローンスタンドに2台のHDDを正しくセットして説明書に従いクローニング開始!


クローニング中にPCで HxD というバイナリエディタをダウンロードしてインストール。


1時間ちょっとでクローンが出来上がったので、クローンスタンドに新しいHDDのみ挿して、
USBケーブルでPCとクローンスタンドを接続。
しかしディスクフォーマットが違うため、Windowsのエクスプローラーでは認識しません(^^ゞ



そこでHxDの登場ですが、管理者権限で起動する必要があります。

方法は、HxDのアイコンを右クリックして「管理者として実行」を選択して実行。

するとメニューの[エクストラ]からディスクを開くことができます。
間違ってPCのHDDを開かないように注意!



開いたらHDDの容量を設定している値を探します。

標準が500GBの場合、設定値は「51 CA 8C 0E」と「51 BA 80 0E」のふたつ。
これを4TBの場合それぞれ「88 D2 69 74」と「88 C2 5D 74」に書き換えます。
(その他の容量の設定値はこちらを参照)



検索は[テキスト文字列]ではなく[16進値]で検索しないといつまで経っても見つからず何時間も待つことになりますよ。

それぞれの設定値を見つけたら4TBの設定値に書き換えていきます。

設定値はそれぞれ 8個 でHDDの前の方に書いてあるのですぐに見つかると思います。
しかしHDD丸ごと検索するとやっぱり何時間もかかるはずなので、
元の設定値を検索 → 新しい設定値を貼り付け
をひとつひとつ8回繰り返すのがいいでしょう。



設定値を書き換えたら、新しいHDDをDIGAに組み込みます。

そしてテレビに接続してみると・・・

ブルーレイDIGA HDD換装

ありゃ?残量が500GBの46時間のまま!?



実はちゃんと認識させるには内蔵HDDをフォーマットしてやる必要があります。


クローニングでは、クローン先に当然録画済番組もコピーされて観ることはできますが、
フォーマットしないと録画可能時間は増えないので、残しておくなら外付けHDDやブルーレイにダビングしましょう。



フォーマットはそれなりに時間がかかりますが、完了するとご覧のとおり!

ブルーレイDIGA HDD換装

残量が無事 約8倍!になり、HDD換装成功です!



ブルーレイHDDレコーダーは現行でも1TBが中心で、2TBや3TBになると6万円以上するので、
HDD換装による大容量化は非常にコストパフォーマンスがいいと思います。

ただし分解は自己責任なのでご注意を(^^ゞ



posted by しげぽん at 06:44| Comment(0) | 家電ネタ

2013年09月14日

タイムドメイン改

韓国出張も1年近くになってきたのですが、この昌原っていうところは観光地でもなんでもないので見どころもほとんどなく、最近は休日に街を散策というにも飽き、クルマもないからクルマいぢりもできず遠くにも行けずで、部屋で楽しみを見出すことが多くなってます(^^ゞ



そこで活躍するのがパソコン。

ネットを徘徊するのはもちろん、お絵かき、音楽、F1観戦、アニメまでパソコンが大活躍!



で、少しでもGoodなサウンド環境にしてやろうと以前スピーカを新調しました。


タイムドメインmini

両脇のタマゴ型のがその「タイムドメインLight」っていう、ちっこいくせにそこそこいいお値段のスピーカ。



こいつが意外と広がりのあるいい音が鳴るんですよ!

なので前回日本に帰ったときにこのスピーカは自宅のテレビ用にしてしまいました(^^)

そして代わりに自宅PC用にしていたスピーカを持ってきました。



それが、これ。


富士通タイムドメイン改

やっぱり変な形のスピーカですが、これもタイムドメインスピーカです。

といっても富士通のパソコンに付属していたタイムドメインminiの廉価版です。



こちらは先のタイムドメインLightに比べると大した音じゃないんですよね。

さすが廉価版というべきか(^^;

なので?改造してやることにしました!



上の写真は改造後のものですが、土台に不自然な穴が開いているのは電源スイッチとボリュームが付いていたから。

そう、内臓アンプを取っ払ってただのスピーカにしてやったのです。



だから、改造と言ってもアンプを取り去って新たにスピーカケーブルをスピーカにハンダ付けするだけ。

でも見た目にもこだわって元と同じようにケーブルを取り回してやりました。


富士通タイムドメイン改

ここで使用したケーブルはぶっとい高級ケーブルなんかではなく、

ホームセンターで買ったインターホン用の2線単芯ケーブル

しかも線径0.65mmという細いもの。


これはケーブルをキレイに収めるためと、どこかのサイトで「細いケーブルがいいよ!」と書いてあったから。

撚り線じゃないのでケーブルが硬いのが欠点ですが、そうそう動かすものでもないので問題なし。

ダイレクトな信号伝達に勝手に期待です(笑)




ところが韓国に持ってきてから音を鳴らしてみると中低音がポコポコいってて気持よくない。。。

どうも箱(エンクロージャー)が共振してるみたい。

改造時に出来心?で吸音材を変えたのが悪かったようです(><)



それから買い物に行くたびに吸音材になりそうなものを探していたのですが、
ある日文房具屋で飾り付けに使うような密度の高いスポンジボールを発見。


富士通タイムドメイン改

このスポンジ、直径3cmぐらいのもので、これを片側4個突っ込んでやりました。

お値段も9個で100円弱だったので失敗しても痛くも痒くもない(笑)



そんで音を鳴らしてみると、箱鳴りが収まって中低音のヌケが良くなったじゃありませんか!

吸音材って思いの外重要なんですね。



ちなみにこのスピーカをドライブするのは、KENWOOD KAF-A55っていうデジタルアンプ。

富士通タイムドメイン改

デジタルアンプはコンパクトでコストパフォマンスに優れるので自分は好んで使ってます。

しかもこれ、PCとはUSBで接続できるし、USBメモリを挿してメモリ内の音楽再生もできるし、自分の用途にピッタリ!



この組み合わせでタイムドメイン改は、内臓アンプで鳴らしていたときとは様変わりして、
スピーカからの音離れが良く、音がすごく前に出てくる感じ。

スピーカ径は5cm程度なので低音は望むべくもないですが、ベース、ドラムの音も埋もれずに鳴ってくれます。

写真ではスピーカの土台にスペーサを入れてますが、これによって低音のこもった感じがなくなってさらにGood!



何より音離れがいいので、夜ボリュームを絞ったときでもいい音で聴けるのがいいね!



とりあえず手持ちのシステムでそこそこ満足できる環境ができたので、週末はさらに引きこもり度アップか!?w





posted by しげぽん at 08:11| Comment(0) | 家電ネタ