2013年12月22日

メーター照明LED化(スピードメーター編)

510MEETでオルタが終わって、その後始動できなくなってしまった我が510。
気が付くともう今年もあと10日。
ずいぶん長いこと不動状態ですわ〜


色々チェックしてるけど、どうやらデスビがアカンらしい。
ということで今月に入って部品を手配するものの、なかなか揃わず…


そうこうしてる間に外はどんどん寒くなってきたので、
部品が揃うまで家の中でできる小細工を(^^ゞ


それは、STACKの追加メーターの白色照明に合わせた、
純正メーター照明のLED化っす。




まずは手始めにスピードメーターから。


これは、もうお手軽にテープLEDをケースの周囲に張ってお終いw
(メーターを組んでから写真撮ってないのに気づいたので写真はないw)

510メーターLED化
ちなみにこちらが使用したテープLED(カットしたもの)

好きな長さにカットして使えるので便利ですよね!



ポイントとしては、ケース側にテープLEDを貼ると、メーター本体とのクリアランスが厳しいので、
メーターを組むとき注意が必要なぐらいで、特に難しいことはないでしょう。




ただ、電源は確実に取れるように工夫しましたよ。


まず、テープLEDの電源ケーブルは元の電球ソケットの穴から外へ出します。


しかし基板の電球部分にはグリーンの透明プラスチックが付いてるので、
これをプライヤーでつまみ、優しくこじって外します。

ドライバーでこじったりもしてみましたが、素直にプライヤーでつまんで外すのがいちばん手っ取り早いみたい。


んで、外へ出したケーブルを電球のソケットで固定できるよう、端子を付けます。

510メーターLED化

この端子は110型平型端子(オス)を加工したものです。

ケーブルの芯線を挟む部分を開いて端子にして、被覆を挟む部分はカット。
電源ケーブルを先端に結んでハンダ付けして、熱収縮チューブで保護して完成です!



電球ソケットでこの端子を挟み込んで留めれば、電源はバッチリ!

510メーターLED化




試しに点灯させてみるとこんな感じ。

510メーターLED化

ん〜思ったより青いけどまぁいいか。

ちなみにタコは使ってないので、スピードメーター側にしかLED入れてません。



他のメーターの電球、オートメーターの電球へと続く・・・
(そして面倒くささがどんどん上昇w)

タグ:LED
posted by しげぽん at 13:42| Comment(0) | 510いぢり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。