2013年09月29日

アースの小技


510の作業中、以前からやりたかった小技を紹介します。

室内に追加メーターやアクセサリー類が増えると配線が増えますよね。
で、アースもいっぱい取らなきゃならなくなるんですが、
510の純正ラジオ付近って意外とアース取るところないんですよね。


自分の510も、追加メーター、カーステ、ETC、セキュリティetc...

なんだかんだといっぱいあります。



なので手を入れやすい場所にアースブロック作ってやりました。
(下の写真の矢印部分)

アースブロック


これは、10mm厚のアルミ板を40mm角ぐらいにカットしてM6のタップをとりあえず2つ切っただけ。

これを2つ作りました。



M6穴の1つはブロック固定用、もう1つがアース用。

固定用の穴はカーステ吊り下げ用ステーの取付用として使用してます。



で、片方のアースブロックには、アーシングケーブルを落としている
ステアリングコラムの固定ボルトから太めのケーブルで直接アースを持ってきます。

さらに左右のブロックも太めのケーブルで接続。



これでアースブロックに確実なアースが落とせる上、
手の入りやすいところでアースが取れるようになりました!

アルミは柔らかいので切断もねじ切るのも楽だし、
電気伝導率も銀、銅、金に次いで良いので材料としてもGoodでしょう。

材料と道具があれば1時間程度で作れるのでオススメですよ!

posted by しげぽん at 11:39| Comment(0) | 電装系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。