2007年10月22日

まさかまさかの…!

【ご注意!】
F1ブラジルGPをビデオに取って楽しみにしてる方はこの先を見ないでください。














で、そのブラジルGPでえらいことが起きました。


なんとこのGP前までポイントランキング3位だったキミ・ライコネンが最終戦で大逆転の優勝、そして年間チャンピオンに輝きました


ライコネンが優勝してもアロンソが3位以下、ハミルトンが6位以下でないとチャンピオンになれないという厳しい条件だったのですが、最後にドラマが待ってました。



決勝レースはスタートでポールポジションのマッサとライコネンが好スタートを決め、マッサ、ライコネンのフェラーリ1-2体制。

直後にアロンソもハミルトンをかわし、ハミルトンは4位に。

そこで焦ったハミルトンはその後アロンソをプッシュしてコースオフ!
順位を大きく落としてしまう。


さらにそのしばらく後になんとハミルトンスローダウン!!


このままレース終了かと思われたが、どうもシフトが入らない様子。
しばらくの後シフトが入ったようでハミルトンのマシンはスピードを取り戻す(チッ)

しかしこれで一時18位まで順位を落とすことに。



一方トップのフェラーリ2台の順位はマッサ、ライコネンのまま。
このままではライコネンのチャンピオンの条件は相当厳しい状況。

チームオーダーが禁止されている中、どうなるのかと思っていたらマッサが先に最終2回目のピットストップに入った後ライコネンが怒濤のアタック!

3週ほどピットインを遅らせたライコネンはタイヤ交換を終えてコースに戻るとわずかの差でマッサの前に!



マクラーレン勢はアロンソが3位にいるもののマッサが2位なのでこちらは安泰。

大きく順位を落としたハミルトンはすごい追い上げを見せ、勝負の3回ピットストップを敢行するも7位が精一杯。



結局このままの順位でゴールし、ライコネンは勝ってチャンピオン決定!!


最終的なポイントは

ライコネン 110P
ハミルトン 109P
アロンソ 109P


と、わずか1ポイント差。
劇的な幕切れとなったのでした。


ハミルトンデビューイヤーにチャンピオンか!?と最後まで思われた今年のF1GP、フェラーリファンのワタシは悲願のチャンピオンを獲得したキミ・ライコネンに心から拍手を送りたいと思います。


チャンピオンおめでとう、キミ!!
posted by しげぽん at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6063473
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック