2012年10月07日

エンジンいじるには

エンジンに手を入れるにはエンジンスタンドとかあったら便利ですよね〜

でも狭いガレージにそんなにデカいものは置けません。





そんなときエンジンの台としてよく使われるのが古タイヤやビールケース。

ウチでも古タイヤが活躍してます(^^)






でもタイヤだと安定性に欠けるので、大昔にエンジン台を作りました!

今でもそれが大活躍!!


エンジン台

手前のエンジンの台が、それ。


2×6材だったかな?を切って組み合わせただけ。

単純な作りなので、これはかなりオススメ!



それにしても狭いガレージにエンジン2台置くと、更に狭くて大変です(^^ゞ






あと、プライベートでエンジンいじるのに欠かせないのが、

もちろんご存知、中古のヘッドボルト。



このようにエンジンを立てるために必需品ですよね。

エンジン台


手前のエンジン台、ホント単純でしょ?



ポイントはオイルポンプの切り欠きを入れることと、

幅をしっかり合わせることぐらい。






あと、手前のエンジンの下に板(15mm厚ぐらい)をひいていますが、これがすごく便利!


ヘッドボルトで立てたときに、ガレージの床を傷めなくて済むし、

オイルこぼれても吸ってくれるし、

エンジン移動するときは、板ごと動かせるし


ね、なかなか便利でしょ?









510MEETに向けては、来週作業できないので、この週末でクルマが動くようにする必要がありますが、

エンジン載せる以外の作業予定が目白押し!



以前幕さんにもらったコメントのとおりになりそうです。

510でMEETに参加はいよいよ赤信号か?!

posted by しげぽん at 02:38| Comment(0) | Tools
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。