2011年03月22日

10日が過ぎました

3月11日にものすごい災害が起こりました。

地震発生の時ワタシは姫路のさらに西のほうにいて全く揺れを感じなかったのですが、
作業を終えて事務所に戻ると大騒ぎになってました。
テレビでは津波警報がものすごく広い範囲で出てて、直感的にヤバい!と思ったのですが、
その凄まじさと被害の大きさは想像を絶するものでした。
津波が迫り来る臨場感あふれる映像を撮ってる方が何名もいたようですが、
「何を呑気にビデオ撮ってんねん!早く逃げろよ!」とひとり憤っておりました。
同じ日本でとんでもないことが起こっている。
被害にあわれた方々とか被災地の状況を考えると何とも言えない気分になります。
しかしそんな気持ちを表現できないままいつの間にか10日経ってしまいました。

被災地の方々には本当に心からお見舞い申し上げます。


テレビでは未だ想像を絶する光景が映し出されているのですが、
一方地元関西は本当に何事もなかったかのように普通の生活です。
電車のダイヤも朝のラッシュもそれまでと変わらず。

福島第一原子力発電所の事故で東京電力管内では電力不足になってるから、
節電とかで協力できればいいのですが、電気の周波数を変換する能力が原発1基分ぐらいしかないので、
関西で節電しても直接効果はないらしいです・・・
個人では物を送ることも難しそうなのでせめて義援金ぐらいは協力していきたいと思います。

ちなみにワタシの生活ですが、震災後も仕事の締切が変わるでもなく、
この年度末に向けて休みなしで突っ走っております。
こう書くと会社は震災の影響をまったく受けていないのかと思われるかもしれませんが、
今後の仕事には間違いなく影響が出てきます。

誰もが何らかの影響を受けるであろうこの大震災の復興に向けて
それぞれがそれぞれの立場でできることを行っていきましょう。

被災地が早期復興できるよう願って。
 

posted by しげぽん at 01:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。