2010年01月16日

とりあえず測定

今日は珍しく!?くるまいぢりらしきことをしてみました(^^ゞ


測定中


そう、燃焼室容積測定



昔買ったL16に載ってたヘッドを今度使おうかと思ってるのですが、バルブが交換してあるようなヘッドで何せ素性がわからないのでとりあえず測定することにしました。



ちなみにカムとバルブスプリングはシロートのワタシには素性を明らかにするなんてことはできないので別に用意することにします。





さて、測定に使用したやたらに青い液体と測定道具がこちら ↓




測定道具たち


そう、オイルはホンダ純正2ストオイル。

今、手元に適当なオイルがこれしかなかったんですよね〜



で、測定に使ったのが50mlのメスシリンダーとピペット。

どちらも東急ハンズに売ってました。




測定方法はこんな感じ。

1.メスシリンダーにオイルを50mlキッチリ入れる

2.ピペットでオイルをこぼさないように燃焼室いっぱいにオイルを満たす(1枚目の写真の状態)

3.ピペットに残ったオイルはメスシリンダーに戻し、メスシリンダーで50mlから減った量を読み取るとそれが燃焼室容積


50mlのメスシリンダーだと目盛りが0.5mlごとに入っているので、オイルを燃焼室に満たすときにこぼしさえしなければこの方法でかなり正確に測定できます。




しかしその『こぼさずに』ってのが意外と難しいexclamation

オイルの粘度とアクリル板の穴の大きさとの兼ね合いでうまくエアが抜けるようにしなければいけません。




そんなこんなであれこれやりながら測定すると気筒ごとのバラツキは0.5ml程度。

シロートの測定誤差を考えると容積はまあ揃っていると考えていいかも。




で、満足して作業を終え、圧縮比を計算しようとして気付きました。


ピストンのリセスの容積測ってない爆弾

posted by しげぽん at 22:34| Comment(4) | エンジン系
この記事へのコメント
ううっ・・・なんてレベルが高いんだ〜!

勉強になります!

自分もいつかエンジン組んでみたいと妄想だけしております(笑)
Posted by tomo510 at 2010年01月17日 07:48
おおー!青いオイル新鮮!w

リセスとガスケット厚は「だいたい4cc」
ということでwww
Posted by 幕 at 2010年01月17日 13:56
2年前に同じ事やってましたw
オイラは灯油とホムセンの注射器使ってましたね
青色見て『光明丹?』やら『面研済み?』『42ccくらい?』なんて思ったりして<たぶん見当違い
あ〜なんかウズウズしてキタ
Posted by Y.K Room at 2010年01月17日 15:44
>tomo510さん
確かに自分でエンジン触るっておっかないですよね〜
でも組むこと自体はそんなに難しいものじゃなくて、キッチリ測定やら調整やらするのが面倒だけど重要なんですよね。
でもシロートにはそれより『重い』のが大変だったりして(^^ゞ


>幕さん
リセスは一応測ってみました>3cc
そのときピストンの突き出しあるの忘れてて測定も計算も面倒なことになってます(^^ゞ


>Y.K.Roomさん
燃焼室容積測るのに注射器じゃちゃんと測定できないと聞いたのでこの方法でやってみました。
ただ注入は注射器のほうが楽かもしれません。

写真も小さいのによく見てくださっているようで(^^)
『面研』は正解です!
そのため容積は『42cc』よりもずいぶん少なくてどうしようかと思ってます…
Posted by しげぽん at 2010年01月17日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。