2009年09月19日

SUPER GT Rd7

ずいぶんと更新が遅れちゃいましたが、先週富士山方面へ行った元々の目的は富士スピードウェイで開催される SUPER GT 第7戦を観戦するためでございました。



この富士行きは9月に入ってから某吉田規格氏より「いいチケットありますよ〜」とお誘いがかかって1週間前に行くことを決めたというけっこうバタバタしたものでした(^^ゞ





でもその言葉にウソはなく、パドックやグリッドにまで入れてしまうパスで無理して行った甲斐がありました。



レース直前にグリッドに入れてしまうということで…


スタート前のグリッド

こんな様子が目の前で見れるのはもちろん、





長谷見監督と!

長谷見監督を発見してツーショット写真をお願いできたり、
(隣に写ってるのワタシじゃないですよあせあせ(飛び散る汗)





この姿を目の前で見れるなんて!

こーんなのが目の前で見れちゃったりします(^^)







レースも300km、66周の長丁場なので色々ポイントを変えながら写真撮影もしてきました。


HASEMI TOMICA EBBRO GT-R

#3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R

結果は残念ながら6位フィニッシュ。




GT300にはフェラーリやランボルギーニ、ポルシェなど様々なマシンが走ってますが、GT500にも異色のマシンがいました。

アストンマーチンだよ!

それがこちら、アストンマーチンexclamation

確かイギリスの超高級車。


顔はしっかりアストンマーチンで(当たり前か)、他のGT500マシンに比べると速くはないものの存在感はありましたよ。






その様々なマシンが走るGT300はフェラーリ2台が激しくトップ争い。

フェラーリ同士ぶつけ合ってます…

最終ラップには最終パナソニックコーナーの直前、目の前のプリウスコーナーでサイドバイサイド、っていうか接触しながらコーナーを抜けて(上写真)、トップの#81(オレンジ)を赤の#11が抜き、順位を入れ替えるも結局最終コーナーで#81が抜き返しそのままゴールモータースポーツ


GT300はGT500より市販車に近い形をしてるのでこちらはこちらで面白いです。





さて、GT500は12番手スタートの#8 ARTA NSX が中盤からトップを守り危なげなく優勝モータースポーツ

優勝したARTA NSX

#8は今期初優勝だそうな。



我らがニッサンGT-Rの先頭は#1 MOTUL AUTECH GT-Rが#36 PETRONAS TOM'S SC430を追う熾烈な2位争い。

デッドヒート!!

こちらはラスト2周の最終コーナーで#1がインを差し順位を奪うとそのままチェッカーモータースポーツ

これも差す直前まで目の前で見れたので大興奮グッド(上向き矢印)


MOTUL AUTECH GT-R

最後にGT-Rがいいところを見せて満足しました(*^o^*)



これまでずっと年に1〜2回レースの写真撮影をしてましたが、今頃になってちょっと撮影のコツをつかんだような気がします(^^ゞ

とはいえ相当失敗作が出るのは毎回のことですが…



SUPER GT はレースの時間が長いので今回けっこう歩き回ってポイントを変えたのですが、富士は鈴鹿よりフェンスの入りにくいポイントが多いように思います。

これでもっと近かったらなぁ、富士…



でも今回のちょっと強引な富士行きは幕さんちの工場訪問も含めて非常に充実して楽しいものになりました。

某吉田規格氏、素敵なお誘いをありがとうexclamation×2

またいい話あったらよろしくねるんるん




帰りはレース終了後すぐ出たのに御殿場ICまで1時間かかったのをはじめ、東名で何度か渋滞につかまったりして思うようなペースでほとんど走れませんでした。


平気で80km/hで右側を走り続けるファミリーカーがけっこういたりしますしね。

こんなクルマを商売で走ってるトラックが激しくあおることあおること(^^;


でもその気持ちもわかります。

ワタシもこんなクルマがさらに多くなるのはイヤなんで、高速道路無料化はぜひやめていただきたいと思います。


高速道路は早く目的地に着きたい人が余分にお金払って走る道、っていうポジションでいいと思うんですけどねぇ〜

posted by しげぽん at 23:27| Comment(0) | モータースポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。