2008年03月31日

「あのマスコット」のこと

ご存じの方も多いと思いますが、ワタシは奈良県民です。
 
で、最近奈良でもっとも熱い話題の1つはこいつでしょう。
 
 
 
 
 こいつバッド(下向き矢印)
仏っさい君
 
そう、誰もが認めたがらない平城遷都1300年祭のマスコットキャラクターです。
それはもうテレビや新聞、インターネット等で数多く、そして面白おかしく取り上げられて様々な議論が行われているのは周知の通り。

 

そして先日とうとう公式に寺院の団体「南都二六会」から図案変更を求める意見書が出されました。
関連記事


街頭では反対の署名運動まで行われたりしてここまで問題が大きくなっているのに県はこのキャラをこのまま使い続けようとするんでしょうかねぇ…


いろんな記事をたどって読んでみるとわかると思うのですが、そもそもこのキャラに決定された過程が明らかになっていないところがもっとも大きな問題なのだと思います。

どうせはじめから出来レースで採用するセンセイが決まっていたから今更別のキャラに変更できないとかいうつまらない理由で県は強固な姿勢を崩さないのじゃないかと勘ぐりたくなります。


 

 



で、このキャラ「気持ち悪い」などという意見が非常に多く、ワタシもマスコットキャラとしては妙にリアルで気持ち悪いと思っているのですが、このキャラの作者、籔内佐斗司氏の他の作品を見ると作者に悪気があったわけではなさそうです。



どちらかというと目を可愛くしたりして氏の作品としては頑張って万人受けするように努力したと捉えることもできます。
でも可愛くないですけどね。

で、キャラに角が生えているのも仏様への冒涜などではなく氏の作品のコンセプトとしては「アリ」だと100歩譲って理解したとしましょう。

そしてキャラの採用に関しては県のやり方がまずく作者に非がなかったとしましょう。



それでもこの籔内佐斗司氏にも文句を言いたい!



まずよく言われていることだが、このキャラに生えているのは

「鹿の角ではない」

ということだexclamation

奈良の鹿に言われちゃいますよ、「鹿の角ってもっと上向きで先は細くとがってるんだぜ、センセイ」(©鹿男あをによし)ってねわーい(嬉しい顔)



そしてさらに許せないのはこのキャラの衣装(?)が

「NHK教育のキャラ


『とび丸くん』と同じ衣装」
だということですexclamation×2

参考ページ


自身の作品でキャラを流用するのは自由だが、外部から委託されて提供するキャラを流用で作るとはプロのアーティストとしてやっちゃいかんでしょう。



キャラの代金500万円は他のキャラに比べて高い!と言われていますが、実はワタシはまっとうな内容ならそれほど高いとは思っていません。

しかしこんな適当な方法で選ばれたこんな適当に作られたキャラに我々の税金が支払われたというのは納得いきませんパンチ


このキャラの問題で全国的に平城遷都1300年祭が知れ渡ったのは500万以上の宣伝効果はあったでしょうが、人が来るかどうかは別問題。

ただでさえ奈良県って見所はいっぱいあるのに見せ方がヘタで観光客を集められていないのにこんなことじゃせっかくの財産が宝の持ち腐れですな…

そんなことだから都道府県別宿泊者数の順位が

最下位になったりするんですよ。

国土交通省の参考資料のページ

こんなに観光地として有名なのに十分お金を落としていってもらってないってことなのに県の好感度下げてどうするんでしょうかねぇ

宿泊者数を増やそうと行動を起こしている市町村もあるようなのに県がこんなんじゃどうしようもないよね〜

posted by しげぽん at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
うん、コレはヒドイと思ってニュース見てました。
生臭いお偉方は、県民の不満より自分の立場とセンセイへの配慮のほうが大事なんですなぁ。

キッカケ?にもなったひこにゃんが可愛いからなおさらアレですな(笑)
Posted by 幕 at 2008年04月01日 12:23
会社では若い奴に「奈良の人はあのキャラはいいと思ってるんですか?」と馬鹿にされるし、やり方はメチャメチャだし腹立たしい思いでいたのですが、とうとう日記に書いてしまいました(^^ゞ
常に引き合いに出されるひこにゃんやモリゾー&キッコロが成功しているキャラだけにホント腹立たしさ倍増ですわ(^^)
Posted by しげぽん at 2008年04月02日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13365495
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック